FC2ブログ
我々が所属している全国社会保険労務士会の保険のご案内です。

最近は労働環境の変化も早く労災を取り巻く状況にも大きな変化をもたらしています。
①うつ病による自殺や過労死等の新しい労災リスクが増加しています。
    厚生労働省資料で、精神障害等の労災補償状況は
    H12年36件 → H26年467件 になっています。

②それらのメンタルヘルスに起因する労災は高額な賠償責任が続出しています!!
労災事故の高額判決例
⑴H14年 医大(過労死) 1億3500万円
⑵H21年 製造業(過労自殺) 6700万円

③賠償責任の他にも生産性低下や風評被害も起こる可能性が大きく経営悪化の可能性が出てきます。

そので、万が一の労務トラブルに備え 使用者賠償責任保険制度への加入をお勧めします。
特徴として⑴従業員の業務災害・通勤災害に伴う法律上の賠償責任を最大2億円まで補償!
⑵パワハラ・セクハラ等に伴う法律上の賠償責任を最大1000万円まで補償!

※注意 社会保険労務士は本保険の紹介者です(保険業法により、本保険のご説明はできません。)ご説明をご希望される場合は必ず代理店または引受保険会社まで直接お問い合わせください。
※建設業・林業等の有期事業、金融業、保険業を営まれる企業・事業主はご加入いただけません。

この保険は社会保険労務士の関与先企業のみ加入できる独自の保険ですので、ご興味ある方は、きたはら社労士事務所か顧問社労士またはもよりの社労士事務所へお問い合わせください。本保険のご説明のため保険会社を案内させていただきます。    












スポンサーサイト



2016.08.03 Wed l きたはら社労士事務所からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kksharoshi.blog66.fc2.com/tb.php/70-c95c7341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)