FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
傷病手当金と出産手当金は、私傷病や出産によって働けない場合に健康保険から出る休業補償の給付ですが、その給付日額の決定方法について以前から見直しが検討されていました。
このたび法改正により正式に変更されることが決定しました。

※今まで
休み始めた月の標準報酬月額÷30日×3分の2
この計算方法によると、例えば休業に入る前の時期に合わせ昇給し、標準報酬月額をアップさせて給付額を多くするなどの給付額操作が制度上可能であったなどが理由に挙げられていますが・・・・
実務を行っているとなかなかこれを行うことが難しいと思いますが・・・出産前に社員の給与を上げ随時改定や定時決定を行うには3か月以上の期間がかかります。傷病で休む社員はそんな前から休みますとの予測を立てることはできないですし、出産に関してもむしろ休業前には仕事量が減ったりします。その状態で給与をアップさせ標準報酬等級が上がるまで待ち休業に入るのは会社の負担も大きくなりますよね。一社員に対しての考え方からすれば実現は難しい理由だと思います。

では次にH28.4からの改正を見てみましょう。
実態報酬に合わせるために、平成28年4月からは支給を始める日(以下「支給開始日」という)の属する月以前の直近の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額に3分の2を乗じた額にかわります。

[支給開始※以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額]÷30×3分の2

例外的な計算方法など
支給開始日以前の月は12か月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額、または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額(現在は28万円)の30分の1に相当する額のいずれか少ない額の3分の2に相当する額となります。
また、過去12か月の間に転職した場合、前後の保険者が同じであり、かつ離職していた期間が原則1か月以内であれば、転職後の標準報酬月額を通算して計算されます。

受給中の手当の変更について
現在傷病手当金・出産手当金を受給中の人が4月以降も給付を受ける場合、4月以降は法改正の計算方法に変更になるようです。給付は今までよる実態としての給与に近くなりますが、受給す人にとっては「いくら支給されるか」がわかりにくくなるかもしれません。受給中の方への説明はあらかじめ進めて下さい。

制度がより複雑になりわかりにくくなる印象を持ちます。あまり複雑化せずシンプルな制度にしてほしいものですが・・・・







スポンサーサイト
2016.04.20 Wed l きたはら社労士事務所からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。