FC2ブログ
当事務所では、総務部門のアウトソーシング活用をご提案します。

※業務の効率化とコスト削減を実現
 当事務所に月次の総務関連業務をお任せいただいた企業の多くが、煩雑な事務作業がなくなった上に、コスト削減を実現しています。毎年社会保険料率(3月に健康保険料・介護保険料率9月には厚生年金保険料率)が変更され、給与計算を行うだけでも注意が必要になります。その上、給与計算のミスは、社員との信用問題に発展しかねませんので、慎重な対応が必要になります。
当事務所のアウトソーシングの基本サービスとして、
①入社・退社・賃金変更に伴う社会保険・労働保険の事務手続きを代行します。
②月次の残業などの確認を行います。(出勤簿・タイムカードなどをきっちり管理してもらうことが必要)給与計算の依頼により給与明細の発行業務を行います。
③就業規則等の様々な労務管理相談業務も専門知識で安心です。
④主に人事・労務を中心とした最新の経営情報を毎月ご提供いたします。
⑤6月の労働保険の年度更新7月の社会保険の算定基礎など毎年行われる面倒な手続きの代行を行います。
⑥その他社内で起こる様々な労務相談・トラブルの解決などの相談に随時対応します。
⑦定期的な会社訪問を行います。

この様な事を行うことにより、企業内における人事・労務に関する意識・知識の向上を促し、労使は働きやすい環境の整備をご提案でき無駄な退職や不満などを取り除くお手伝いをさせて頂きます。また、手続きをアウトソーシングすることにより、そこ部分にかかっていた人や時間のコストを削減でき、中小企業として大切な人材を本来の仕事に力を注ぐことができます。
是非、きたはら社労士事務所へご相談下さい。

きたはら社労士事務所
TEL:092-607-2406
FAX:092-607-2409
北原
2016.03.22 Tue l きたはら社労士事務所からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top