FC2ブログ
助成内容
概要
学校等の既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図るため、既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を新たに行い、採用後一定期間定着させた事業主に対して奨励金を支給します。
 (平成31年3月31日までに募集等を行い、平成31年4月30日までに対象者を雇入れた事業主が対象です。)

主な支給要件
 この奨励金の支給要件は、コースごとに以下の通りです。
【既卒者等コース】
(1)既卒者・中退者が応募可能な新卒求人(※1)の申込みまたは募集を行い、当該求人・募集に応募した既卒者・中退者を通常の労働者(※2)として雇用したこと(少なくとも卒業または中退後3年以内の者が応募可であることが必要です)
(2)当該求人の申込みまたは募集前3年度間において、既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を行っていないこと
【高校中退者コース】
(1)高校中退者が応募可能な高卒求人の申込みまたは募集を行い、当該求人・募集に応募した高校中退者を通常の労働者として雇用したこと(少なくとも中退後3年以内の者が応募可であることが必要です)
(2)当該求人の申込みまたは募集前3年度間において、高校中退者が応募可能な高卒求人の申込みまたは募集を行っていないこと
※1 学校(小学校及び幼稚園を除く)等に在学する者で、卒業若しくは修了することが見込まれる者(学校卒業見込者等)であることを条件とした求人または学校卒業見込者等および学校等の卒業者・中退者であることを条件とした求人。なお、高校中退者が応募可能な高卒求人は除きます。
※2 通常の労働者とは、直接雇用であり、期間の定めがなく、社内の他の雇用形態の労働者(役員を除く)に比べて高い責任を負いながら業務に従事する労働者をいいます。

その他 このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件があります。

お問い合わせと申請手続は
お問い合わせ先(支給申請窓口)
労働局
ハローワーク 支給申請窓口
先日にこの奨励金の予算が通り、動き出すようです。まだ、詳しい内容は福岡労働局さんへも尋ねましたが上がっていないとのことなので、随時情報はチェックしていきたいと思います。
この助成金のイメージはすでに4月1日より新卒採用を決定している企業などは対象でなく、新たにハローワークや民間の企業に新たに既卒者・中退者の求人を出しその内容にあった人材を採用した場合に支給されるものなので、以前あった3年以内の既卒者助成金とは全く違うものですとの話でした。また、すでに既卒者・中卒者の助成金の内容に沿って応募し採用を行っている企業はもともとの助成金対象企業にはならない、改めて初めて行った企業ですとのことでした。

今まで3年以内の既卒者採用などを行ったことがない企業が、採用計画を定め、求人募集を行い採用し対象になるかどうかの奨励金のような印象です。
問い合わせ段階でも助成金窓口の方もまだ内容がわからない状況ですので、皆様も対象となるような社員募集を今後行う予定であれば使えるか確認してください。

助成金に関する共通要件。
助成金はいまだに申請すれば簡単に支給されると案内する企業も多く、多くの経営者も人を雇えば簡単にもらえると思っているかたが多くいらっしゃいます。
簡単にもらえる企業は労働法をしっかり守っている会社です。人材育成に関しても労働時間にしっかりと教育を行い社員の能力向上や職場定着を行う会社です。出勤簿・タイムカードをしっかり整備し、休みをしっかり確保し、時間外労働・深夜労働手当をきっちり支払、入社に際しても労働契約書をかわし、10人以上の場合は就業規則を整備し(実態に合った)労働局へ提出し、(10人未満でも就業規則が義務助成金も多くなっています)人材育成に関しても外部委託の場合はその費用の内訳(実際訓練と認められないものも多い)訓練生の日報などきっちりと内容を理解しその内容を会社・社員が問題なく実行できる体制でないと申請できません。もし、勝手に不正を行い出勤簿の作成などをして適当にだすと会社は不正申請で大きな罰則を受けることになります。
助成金保管期間は5年でその中でランダムに選出され調査が行われています。助成金を申請する前にしっかりと会社内の労働法にそった運営を心掛け、対象者がいれば申請しもらえればラッキーとの姿勢で助成金には望むべきだと思います。








2016.02.17 Wed l きたはら社労士事務所からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top