FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 厚生労働省が13日発表した就労条件総合調査によると、2013年の労働者の年次有給休暇の取得率は48.8%で、前年から1.7ポイントの上昇にとどまった。政府は働き方改革を掲げ、20年までに有休取得率を70%に引き上げる目標を掲げているが、現状では取得が進んでいない実態が浮き彫りになった。
 13年に労働者1人当たりに与えられた有休日数の平均は18.5日(前年は18.3日)。しかし、実際に取得したのは9日(同8.6日)だった。
との記事がありました。中小企業はそんなにとれてるのか??と実情をみると思います。実際はしっかりと有給をとれてる会社もありますが、人数が限られている中小企業はなかなか有給を消化できていません。しかし、従業員の権利意識が高まる今、退職時に引き継ぎなしに有給を取ったりする従業員も増えています。消化できる部分は有給を少しずつでも消化させていきましょう。
スポンサーサイト
2014.11.13 Thu l きたはら社労士事務所からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。