FC2ブログ
夜のクラブでのバイトで「女子アナ内定取り消し」

 Aさんの存在は、「女子アナ通」の間ではすでによく知られている。

 「彼女は『2011年ミス○○で、各大学のミスが競い合う『ミスオブミスキャンパスコンテスト』にも同年に出場しています。『JJ』や『ViVi』などの読者モデルとしても活躍していました。日テレに内定したことも、昨年秋の段階で2ちゃんねるの『女子アナ板』に書かれていました。

 ところが、この夏に発売された『FLASH』(9月9日号)に、匿名でしたがAさんが『研修の厳しさに嫌気が差し、テレビ局の内定を辞退した』という記事が出たのです。それを受け、女子アナ板でも『この理由は本当なのか?』『もったいない』といった書き込みがなされていました」(女子アナウォッチャー)

 彼女がなぜ「内定取り消し」されるに至ったか? 
 その詳細は週刊現代に記されているが、端的に言うと「Aさんが、母親の知り合いが経営する銀座の小さなクラブで短期間アルバイトをしていたこと」が影響して、テレビ局側が「内定取り消し」を決めたようだ。

 Aさんが、裁判に踏み切るまで、「夜のクラブでのバイトがアナウンサーにふさわしくないのか」「このバイト歴を就職活動時の自己紹介シートに書かなかったのは内定取り消しの理由になるのか」など、テレビ局の人事部側と何度も話し合ったようだ。

 就職採用の場面で、いまやどんな会社にでも起こりうる事態だが、『週刊現代』を読む限り、テレビ局は明らかに分が悪そうだ。Aさん側とテレビ局とのやり取りは、採用関係者には必読のものだ。

 さらに興味深いのは今後のこと。彼女は「テレビ局への入社」を求めて裁判を起こしているのであり、彼女が勝てば、来春、テレビ局に入社することになるのである。

 「会社と裁判して入ってきた『女子アナ』となれば、バラエティの現場ではイジリがいがあって、使いたがる現場のプロデューサーもいるかもしれません。でも、会社の上層部はそうはいかないでしょうね。入社しても、彼女が望まないADや記者をやらせて、彼女が自分から辞めるように仕向けるでしょう。そのイジメに耐えられるかどうか……ですね」(テレ局社員)

以上 本日のニュース 引用

これは面白い争いではないかと思います。話にある通り、内定取り消しをされるにあたって、慰謝料などを求め争うケースが多いと思いますが、Aさんは内定取り消しの取り消しを求めています。これはAさんにとって、女子アナになるのは、昔からの夢であったのかもしれませんし、内定が決定していたことを取り消されるのに納得いかない事なのでしょう。
また、母親の知り合いが経営する銀座のスナックに短期で手伝いをしていたことが取り消し内容になるのもちょっと酷い気もします。最近は学費を稼ぐため等で女子大生が夜のアルバイトをすることが増えてきています。夜の仕事=悪 のような考え方は古い考えのように思います。
こんごの判決を楽しみにしながら、もし内定取り消しを取り消しになった場合は、そのAさんが来年4月から相手のテレビ局に入社するのか?入社ごのテレビ局の対応はどのようになるのか?一つの良い事例になるのかなと思います。
一般的には、入社はしにくくなりお金の解決で和解金などを払い辞めていきますが、そのようなケースではなく違う結論を期待したいところですね。
2014.11.10 Mon l きたはら社労士事務所からのお知らせ l コメント (0) トラックバック (0) l top